ゲイ・ホモ同士の出会いの決定版!【gaysite!】

gaysiteでは全国20万人とも言われるゲイ男性同士の出会いを応援。20代~60代まで全てのゲイはここに集まれ!

このアプリ最強!ゲイ出会い系アプリで素敵な出会いが待っていました

      2015/07/30

このアプリ最強!ゲイ出会い系アプリで素敵な出会いが待ってました

自分にピッタリのゲイの人と出会いたい!

そう思ったとき、皆さんはどんな手段を思いつくでしょうか?

ゲイバー?ハッテンバ?

でも、出会える人の数はあまり多いとは言えません。
最近ではゲイバーやいろんな団体が主催する同性愛関係のイベントもたくさんありますよね。
クラブのイベントだったりすればいろんな人と知り合いになれるかもしれません。
もしくは同性愛者の権利団体が主催している映画祭のような文化的なイベントもあります。

でも、イベントはいつもやっているわけではないですよね。
出会いを求める気持ちは急に訪れるものです。

そこで今回は、自分も利用している「インターネットを使ったゲイとの出会い方」を紹介したいと思います。

 

簡単!便利!最強!一度は試してほしい、ゲイの出会い系アプリ

このアプリ最強!ゲイ出会い系アプリで素敵な出会いが待ってました

スマホを持っている人ならだれでも簡単に、しかも無料で利用できる「ゲイのための出会い系アプリ」というものがあります。

使い方はいたって簡単!
ダウンロードしたらアカウントを作って、簡単なプロフィールと写真をアップするだけ。

たったこれだけの手順であなたの新しいゲイライフが始まるのです。
しかも、ほとんどのアプリが位置確認ができる機能があって、今あなたの近くにいるメンバーを表示してくれるのです!

相手がゲイであるかどうかわかるだけではなく、物理的に身近にいる人を紹介してくれるなんて、今の時代に生まれてよかったです。

 

いいところはそれだけではありません!

アプリによってはプロフィール欄に身長体重などといった基本的なものから、ウケかタチか、どういったことがタイプなのか、体格や性格の詳細まで書き込めるものもあるので、より自分の好みにマッチした相手を見つけることが可能なのです。

プロフィール写真は基本的に性的なものはNGなので、普通のSNSに使うようなものを使うのですが、アプリによっては写真を非公開にすることによってセクシーな写真をアップすることができます。

相手から非公開をアンロックする申請がくるか、もしくは自分からアンロックをすることも可能なので、いくつか自分の自慢の写真をあらかじめデータベースにアップしておくととても便利です。

それ以外にも、チャットで個別に写真を送ることも可能なので、この写真は深く親しくなった人にだけ見せたい…と言ったように人によって写真を使い分けることも可能なのです。

日本でもスマホが普及するにつれてアプリも有名になってきたので、かなりの人数が登録しているようです。

 

海外(特に欧米圏)ではスマホが普及するよりも前からインターネット上でのゲイの出会い系サイトが既に登場していたので、日本よりもはるかに普及しているように思います。

また、日本人は外国人からウケがいいのかなんなのか、良く観光旅行や仕事で日本に来る人が事前に海外からコンタクトをとってくることがあるようです。

実際、筆者は海外に住んでるのですが、私の周りのゲイ友達もアプリで遠い日本人と友達になった!と報告してくる人が結構います。

ただ気をつけなくてはいけないこともあります。
外国人がらみの人とのアプリの使用はトラブルもあるようなので注意が必要です。

 

ゲイ出会い系アプリを実際に使ってみた・・・快適すぎ!!

自分も日本でスマホが登場し始めたころから、ゲイの出会い系アプリを使い始めているのですが、これといったトラブルに遭うこともなく今でも使い続けています。

まず、スマホのアプリで簡単に接続できるということろが気に入っています。

新しい友人のネットワークを広げるにも一役買ってくれているのですが、簡単に起動できる上、セクシャルな意図がなくても単純に友達とチャット感覚でも使えるところが、ほかのメッセンジャーなどといったアプリと同じような感覚で使えるので便利です。

 

違うのは話す相手がすべてゲイだということ。

相手がすでにゲイだとわかっていれば、話す内容もそんなに気を遣う必要はありません。
オープンな状態から会話がスタートできるので便利です。

自分は日本と海外での利用期間が同じくらいなのですが、アプリの中ではみんなオープンな会話なので楽しいです。

ちょっといい感じになってきたらプライベートなセクシー写真を送り合ったり、実際にどこかで会ってみる約束をすることだって可能です。

 

海外ではゲイの人が出会いを求めてゲイバーにやってくることは結構当たり前になっているので、ゲイバーで新し出会いを見込めるのですが、日本ではまだゲイバーに足を踏み入れるのも躊躇してしまう人が多いようなので、インターネットを使ったアプリみたいに匿名でできる出会いの場というのはかなり利用価値があると思います。

筆者の場合、アプリ上で出会った人とは少なくとも1週間くらいはチャットで連絡を取り合って、その上でこの人は大丈夫そうだなと思ったら実際に会う約束をしてみます。

まだ年齢的にも若いので、年配の人からの誘いが多いのですが、普通に友人関係として食事や買い物を楽しんだり、現在でも連絡を取り合っていて、つい最近も自分の住んでいる国までバカンスを兼ねて、旅行に来てくれたりもしました。

同年代の人も多く知り合い、共通の友達同士でバーでオフ会のようなこともしたので、活用次第によってはかなり楽しいものになると思います。

だいたい1週間くらいメッセージのやり取りをしていると「あぁこの人はSEX目当てなんだな」とか、非常識だったりおかしな言動が目につくようになってくるので、コンタクトを取り始めてからすぐに実際に会う!というのは止めたほうが良いと思います。

 

これはNG!ゲイ出会い系アプリにもマナーは必要!

このアプリ最強!ゲイ出会い系アプリで素敵な出会いが待っていました

基本的にふつうの生活の中で気に掛けること(例えばしつこく質問攻めをしないとか)に注意していればいいのですが、実体験としては別に望んでもいないのに、いろんな自撮り写真を送られてきて気持ちが悪い思いをしたことがあります。

そういう時は、迷惑なメンバーをブロックしたり通報することもできるので、変な人からメッセージがしつこいようならすぐにブロックしてしまったほうが良いでしょう。

変な人には何言っても伝わらないようなので、早めに対処してしまったほうが得策です。

やってはいけないことではないのですが、やめたほうが良いこととして、自分はプロフィール写真を1枚も公開していないのに、人には写真をねだってくるというのがあります。

普通に考えて当たり前のことですが、誰も相手が写真を表示してないのに自分のプライベートな写真を見せようとは思いません。

相手がイケメンだったらまだしも、いざ後から写真が送られてきたらブサイクだった…なんて悲惨です。

それと、ウリ専やエスコートを探しているといった内容のメッセージを送るのも失礼だと言われています。
送った相手が実際そういうことを仕事にしているのなら話は別ですが、そうでなければショックに思う人だっているので、匿名だといえど、あまりに不躾な内容なメッセージは送らないようにしましょう。

 

楽しいゲイ出会い系アプリ・・・でも危険もあるから注意!

先にも書きましたが、アプリを使った外国人がらみのトラブルというものが度々起こっているそうです。

例えば日本に旅行に来た外国人とアプリ上で知り合いになって、何度か会ってみて気が合うと思ったところで、相手から「自分の国のクレジットカードを無くして海外送金できないから、滞在中のホテル代を貸してほしい」などといったことを言われてお金をだまし取られたというケースがあったそうです。

出会い系アプリという性質上、お互いかなり親密な関係になるということが予想されるので、いつ何をされるかわからないというリスクは常に考えて行動するようにしましょう。

また日本でも最近エイズ感染率が高まってきてるというニュースを目にしましたが、海外にも依然として少なくないエイズ陽性の人がいるということを、しっかりと認識しておく必要がでしょう。

自分も海外に移住するくらいなので、日本にいる時から外国人との出会いを楽しんでいたのですが、やはり日本人と外国人は根本的に何か違うところがあります。
自分が嫌だと思ったことはしっかりとNoと言うべきです。

地球の裏側の人とも知り合えるという利点がある半面、あくまでネット上のヴァーチャルな関係までしかアプリでは築けないということをしっかりと念頭に置いておきましょう。

長々とおせっかいなことを書いてしまいましたが、楽しい出会いがある半面、しっかりと気を付けないとトラブルに巻き込まれてしまう危険性があるので、十分気を付けながら出会い系アプリライフを楽しんでください!

 

本当に楽しめる!ゲイ出会い系アプリのリアルな体験を告白!

deai5

 

若くてセクシーな体にノックアウト!男子大学生の場合

当時アプリを使っていた時、大学2年生の人からメッセージがありました。

サイクリング部だったか何か、自転車を使った部に所属していたようで、とってもセクシーな体の画像に惹かれて会うことをOKしました。

自分とさほど年が変わらなかったので、ただの友達のような感覚で付き合っていました。
だから、純粋にセフレのような関係だったと思います。

彼の通っている大学のキャンパスの中でも、アプリを使うと何人かの人にヒットしたそうで、実際にキャンパス内ですれ違ったりしたこともあったと話していました。
学生くらい若い人の間でも使われているんだなぁと思いました。

学生の彼に比べると自分のほうがさすがに忙しく、いつもいつも会っているというわけにはいかなかったので、だんだん疎遠になっていきそのままフェードアウトしてしましました。

 

イケメンパーティに潜入!ピチピチの渋谷男の子の場合

これも向こうからメッセージが届いたのですが、中目黒のマンションの一室でパーティーをやるから良ければ来ない?という連絡をもらいました。

ちょうどその日は何も予定がなかったし、パーティーの名前も「イケメンだけのパーティー」という怪しさ満点のイベントだったので参加してみることにしました。

いざ着いてみると、主催者はどうやらゲイバーのボーイ達のよう。

その人たちがアプリ上で気になった人に無作為に声をかけて集まったのが20人ほど。

筆者はいたって普通の服装で行ったのですが、中には超ミニマルな服の人や下着だけの人もいて(まだ肌寒い時期だったのに)なかなか盛り上がるパーティーでした。

その後は気になる相手とバラバラに分かれて渋谷や六本木あたりにみんな繰り出していきました。

アプリにイベント告知のポテンシャルがあるんだなぁと気づかされた出来事でした。

 

身体だけじゃない!大切なのは心の繋がり、日本人弁護士の場合

出会い系プリを使い始めたころに出会った男性。

丸の内の某オフィスで働いている人で、都内の行きつけのバーが同じだったという共通の話題から仲が良くなって、それから何回か食事をする関係なりました。

丁度自分が留学をしようか考えていた時だったのですが、その留学先の国に彼が数年住んでいたということもあり、現地情報などを親切に教えてくれてとても助かりました。

全く性的なことはなかったのですが(むこうにはすでに彼氏がいましたし)というより、全くそういうことがなかったから、初めての出会いでも面倒なことや問題も抱えることなく良好な関係でいられたんだと思います。

先に話した、今自分の住んでいる国にバカンスで旅行に来てくれたというのも実はこの男性で、今でもアプリ上ではなくてメールでですが連絡を取り合っています。

日本に帰った時には時間を作って会ってくれるので、こういう長い付き合いのできる人と出会えるなんて、出会い系アプリもなかなか捨てたものじゃないなぁと思っています。

 

年下好きな彼とフレンチな関係、33歳・英語教師の場合

年下好きの高校英語教師と出会いました。

高校の教師で年下が好きって、犯罪も時間の問題なんじゃ…と思ったら、未成年には興味がないとのこと。

他にもアプリを通じて多くの人と知り合っているようでしたが、自分は彼との食事係専門。

独身で日々忙しくしているから、せめて週末ぐらいは楽しく会話をしながら食事をしたかったそうで、自分に白羽の矢が当たったわけです。

食事専門と言っても、別に高級なレストランに行くわけでもなく、いつも居酒屋やバーのはしご。

さすが英語の先生だけあって、バーで知り合った外国人には気さくに話しかけていて、一緒にいてとても楽しい人でした。

また、彼が自分以外に知り合った人と自分を引き合わせることも好きで、彼のおかげで自分と同年代の人たちとの交流の輪がより広がりました。

そして、飽きが来るのも早かったようで、自分も他の人も大体ヶ月ぐらいで彼の中のブームが終わってしまったようで、それ以降は会っていません。

アプリを使った出会いは手軽な半面、手軽だからこそ深い付き合いまでになることはそうそうないんだなぁと思えた出会いでした。

 

体の相性がピッタリ!、28歳・大手不動産業男性の場合

このアプリ最強!ゲイ出会い系アプリで素敵な出会いが待っていましたこの人がアプリで出会った男性たちの中では体の線が一番合いました。

メッセージは初めかれの方から自分に送ってきたのですが(筆者から誰かにメッセージを送るということは滅多にないです)、なかなか奥手な人で、実際に会う約束を取り付けるまでにかなりの時間がかかりました。

会い始めてからも、彼の仕事が激務だったこともあり、あまり多くの回数会うことができなかったのですが、会えば必ずセックスをしていました。

普段奥手な人にありがちなことで、セックスになるととても激しく、本当に仕事で疲れてきてるのかと思うくらい週末は夜遅くまで彼の部屋で楽しんでました。

彼は顔もアプリ上に載せていて、しかも人から好かれる顔立ちだったので、いつも誰かからメッセージが届いていましたが、奥手な性格のため実際に会うまでにみんな諦めてしまっていたようです。

なかなか決断をせずに、いつまでもデートを断っていると、最終的には諦められてしまう典型的なパターンだなと思いました。

アプリでの出会いでは、リスクはもちろんありますが、この人良いかも!と思ったら自分からでも相手からでもきっかけがあったら会ってみたほうが良いと思います。

会ってから、やっぱり興味がないと言えば(興味がない、だとちょっと失礼かもしれないので、ときめきが感じられなかったとか、もうちょっとオブラートに包んだ形で優しく言えば)大体の人は分かってくれます。

彼は2ヶ月ちょっと一緒にいましたが、その後、彼の転勤が理由で会えなくなってしまいました。

不動産関係の人との出会いを有効に活用しよう!と思って、ちょうどそのころ引越ししたかったので、物件紹介をお願いしたのですが、彼の紹介するものはどれも高くて、結局、有効利用は無理でした。

 

旅先でイケメンゲイにほっこり、広島弾丸旅行で出会った男性の場合

筆者は東京出身で東京にずっと住んでいたのですが、ある日ふと広島、四国を旅行したくなり、ふら~っと広島に到着。

急なことだったので特にホテルなど手配していなくて、バーかどこかで適当に時間つぶして翌朝のフェリーで四国に渡ればいいや。
なんて考えながら出会い系アプリをいじっていたら、偶然近くにいる同年代のイケメンからメッセージが。

向こうは暇だって言ってるし、自分も特に予定はなかったので、そのまま彼と近くの居酒屋で落ち合って明け方近くまで語り合い。

旅行の疲れもあって、そのまま彼の家に行って爆睡。
当然、翌朝のフェリーは寝過ごしました。

彼とはその後会っていないし、特にエッチなことをしたわけではないのですが、なんか不思議と記憶に残っている好青年です。

 

ゲイの葛藤を語りあう、高知の庭師男性の場合

広島で味をしめたので、この先ホテル予約しなくてもだれかの家に泊まれるんじゃ…と思い、高知に到着してから早速アプリ起動!

さすがは陸の孤島と言われているだけあって、ヒットする人数もごくわずか。

酒飲み男社会の地域ではまだゲイの地位って確立されてないのかなぁなんて思いながら、一人の男性にメッセージを送ったら、近くお店で飲んでいるから来れば?とのこと。

別に予定もないしホテルも予約してないからほいほいその店に行ったら、やたら郷土臭のする飲み屋でビールと日本酒を豪快に飲んでる男性と対面。

彼は庭師だそうで、日に焼けた肌が自分の好みだったけど、妻子がいるので家に招くのは無理とのこと。

別に止まる場所ならホテルに電話すればいいだけのことだから良かったのだけれど、結局この酒豪とは朝まで飲み散らかし、彼の寂しいゲイ人生の話を聞くことに。

なんでも、今までずっとゲイだということを隠していて、結婚してふつうの生活をしているようにふるまっていたが、最近になって寂しさを感じるようになったのだそうです。

なんか、日本にいたらよくある話な感じがして、彼を見てちょっと怖い気分になったのを今でも覚えています。

高知の人、豪快で太っ腹で、結局彼が高知の地酒をいろいろ紹介してくれました。
アプリ様様!

 

アレのデカさはピカイチ!レバノン出身の男性の場合

なんかレアな国出身の人からメッセージが届いたので、何気なく返事をしてみると麻布十番在住とのこと。

丁度そのすぐ後に十番祭り(麻布十番のお祭り)があったので、そこで会う約束をしてから一気に仲が良くなりました。
まず彼とは趣味がとても似通っていたので、日本語がしゃべれないにも関わらず会話には困りませんでしたし、なにより中東文化というのは自分の全く知らない分野だったので、情報交換という点でもとても面白い人でした。

また彼は日本語が全くしゃべれなかったので、通訳がてら新宿のゲイバーや渋谷のゲイが集まるクラブなどに行って楽しいひと夏の思い出ができました。(私はそのあとすぐに海外に出てしまったので)

彼も、今でも日本に帰れば毎回会う人リストの中に入っています。

 

しかし、自分には比較できるほどたくさんの経験数がないので何とも言えませんが、中東系の人ってSEXが激しいですね(笑)しかもアソコがでかい。
彼とは日本にいる時に何度も会っていたのですが、彼のせいでお尻が痛くなり、それからウケが怖くてできなくなりました。

一度、新宿のハッテンバに2人で行ってみたのですが、周りの人全員の視線が彼のアソコにくぎ付けでした。

もちろん筆者も彼のそんなところに最初興味を持ったのですが、いざ実際に会う気になったのは彼がパンツの上からとった裸の写真がビックリするほどもっこり写った写真がアプリにアップされていたからです。

アプリのプライベート写真はこういう風にかなりエッチな写真も使えるので便利です。

 

いいのかドイツのゲイ事情?!中学校の校長先生の場合

この人とはドイツの国外にいたときに知り合いました。
たまたま旅行でハノーヴァーに行こうとしていた時にアプリ上で知り合って、ハノーヴァーに着いたら美味しいビールの店を紹介すると言って聞かなかったのであってみることに。
(筆者はビールが嫌いです。)

彼は中学校の校長先生なので、自分と休みのタイミングが同じだということが判明。
それからは年に1回はハノーヴァーに行っています。
彼が空港まで送り迎えをしてくれるので便利。

因みに彼は最初、自分と性的な関係を期待していたのだそうだけど、自分にその気がないということを言ってからは添い寝だけしてくれと言われるので、それだけはします。
間に大きな抱き枕挟んで。

 

恋愛も情熱的?イタリアの日本好き青年の場合

このアプリ最強!ゲイ出会い系アプリで素敵な出会いが待っていました

アプリを通じて向こうからメッセージが来て知り合った関係。
日本文化が好きでメッセージが来るというのはよくあること。

彼との始まりも最初はそんな感じで軽くあしらっていたのですが、熱心に日本語を教えてほしいとか和食を教えてほしいと言われているうちにだんだん仲が良くなって、その後しばらくの間付き合う関係にまでなりました。

自分の中ではアプリがきっかけで誰かと付き合うというのは初めての体験だったのですが、今思い返してもなかなか良い人と出会えたと思えるほど相性のいい彼だったので、アプリのお陰だなぁとひしひしと感じています。

結局彼は日本で仕事を見つけることに成功して、今は日本に住んでいるので、次に日本に帰った時にはぜひ会いたいなぁと思っています。

 

旅行でもお役立ちのゲイアプリ!北京で出会った日本男性の場合

長期休暇を利用して北京に旅行に行こうと思った時のことです。
けっこうギリギリに決めたことだったので、あまり現地の下調べをすることができず、とりあえず航空券とホテルの予約を済ませたところで、アプリで現地の日本人を探してみました。

メッセージを返してくれた人は結構多く、その中で北京に有名なゲイ場があるからそこで会おうと言ってきた人がいたので、いろいろ現地情報とか聞いてみたいと思い会う約束をしました。

実際会ってみるととても親切な人で、結局その後3日間ほとんど常に観光案内をしてくれて、おかげで無計画だった北京旅行がとても楽しいものになりました。

こんな感じで、どこか旅行に行く前に現地の人とコンタクトをとって現地情報を聞きだすというのは、結構使えるテクニックだと思います。

実際に現地に行って会うか会わないかは別としても、ネット上だったらチャット感覚でいろいろ質問できて、中には観光情報を教えることが好きな人がいるはずなので、今でも海外旅行の時には旅立つ前にアプリで誰かとコンタクトをとるようにしています。

 

海外の移住先でも大活躍!旅行に来た日本男性の場合

筆者から他の国の人へ旅行前にメッセージを送ることはあるのですが、これは逆のパターンで、筆者と同じ国、でも違う街に暮らしている日本人の男性からメッセージが届いたことがあります。

この男性も、これから筆者のいる街に旅行で行くから何かおすすめの情報があったら教えてほしい、興味があったら実際に会ってみないか。といった理由でメッセージを送ってきました。

丁度、自分も長期休暇中で暇していたので、約束の日に場所を指定して会ってみることに。

筆者の暮らしている町は日本人の数がとても少なく、基本的に日常生活で日本語を使う機会がなかったので、彼の滞在は久しぶりに自分の言いたいことが日本語で話せするストレス発散のいい機会になりました。

彼もイケイケのゲイだったので、2人でさらに他の街まで旅行してゲイのナイトスポットを周ったりして、一気に仲良くなりました。

自分と同じように、旅行前にアポイントメントをとるひとって他にもいるということが分かった出会いでした。

 

プロフィールにワザあり!酒屋さんで割引の話

これは面白いプロモーション方法の話なのですが、ある時いつものようにアプリでメンバーを何気なく見ていたら、紹介文に「この画面を当店で提示したら全品10%OFF」というプロフィールを載せた男性と出会いました。

この男性は、都内のとある酒屋兼バーのオーナーの男性で(残念ながらこのお店はもう閉まってしまいました)、アプリを使って出会いとプロモーションを同時に行っていたのです。

アプリ好き(そして酒好き)の筆者にはとても魅力的だったので、実際にその酒屋さんに行って彼と話してみることにしました。

かなり気さくな男性で、彼が言うには実際に店に来てアプリの画面を見せた男性はすでに数人いたそうです。

でも、思ったほどの効果はなかったとも言っていました。(どれだけの効果を期待していたのかは知りませんが…プロフィール写真もそれほど人目を引くようなものではなかったので。)

でも、これはこれで新しいアプリの活用法の一つだなと気づかされた出会いでした。

 

ドキドキの初体験!AVモデルの勧誘

このアプリ最強!ゲイ出会い系アプリで素敵な出会いが待っていましたアプリにちょっと露出高めの写真をプロフィール画像にしていた時の話。

ゲイ向けのAV男優を募集しているという男性からメッセージが届き、ちょっと怪しいと思いながらしばらくアプリ上のチャットでやり取りをしていました。

すると、彼の方から「試しに会ってみて写真だけでもとってみないか、撮った写真はプレゼントする」というオファーがあったので、もししっかりとしたカメラだったらセクシーな良い写真がタダで撮れるしいいかなぁと思い約束をOKしました。

 

実際に彼の行ってきた住所の建物に行ってみると、そこはいくつかのテーマに分けて内装が変えてある部屋があるスタジオで、本格的な写真撮影会が始まってしまいました。

本番をすることはなかったのですが、AV男優には全く興味がなかったので、彼からのオファーは断ってしまいました。
裸のいい感じの写真をたくさんもらえたので、いくつかは今でもアプリのプロフィールに使っています。

 

変なメッセージには要注意!ストーカーぽい男性の話

当時、自分はハイクラスな人が来るようなお店でアルバイトをしていたのですが、そんな時にいきなり「いつも仕事頑張ってるね。遠くから見てるよ」といったような内容のメッセージが届いたことがあります。

しかも、裸の写真付きで。

全く知らない関係ならいいのですが、なんか素性が少しでもばれていると気持ちが悪かったので、あまり興味がないと言って拒否してしまいました。

しかし、彼からはその後も数日間、連続でかなりのメッセージが来て、その間はちょっと怖くてどうしようか迷っていたのですが、ある日、自分がバイトしていない日に「今日もお疲れ様」というメッセージが届きました。

もしかしたらこの人は他の人と勘違いしているかあてずっぽうに言っているだけなのかも…と思い、さっそくメンバーブロックをしてメッセージが一切来ないようにしました。

その後は特に問題が起きていないので、気味の悪いことが起きたときにはメンバーをブロックするか、それでも問題がある場合にはすぐに運営側に通報をしたほうが良いと思いました。
アプリで初めて怖い思いをした時でした。

 

ゲイ出会い系アプリのまとめ

いかがでしたか?

自分はこのゲイ出会い系アプリで、いろいろな職種や他の国の人と知り合うことができました、

世界が広がるような楽しいことを経験しました。

ゲイ同士にしか理解できないことはたくさんあります。
あなたもアプリで素敵なパートナーを見つけてみませんか?

 

(情報提供:ocaib)

 - ゲイアプリ・コミュニティ