ゲイ・ホモ同士の出会いの決定版!【gaysite!】

gaysiteでは全国20万人とも言われるゲイ男性同士の出会いを応援。20代~60代まで全てのゲイはここに集まれ!

男の出会いの必需品!ゲイアプリの上手な使い方を教えます!

      2015/08/17

男の出会いの必需品!ゲイアプリの上手な使い方を伝授します

 

こんにちは、K太です。
ひと昔前とは違い、昨今では通信機器の発達により出会いの機会もずっと多くなりましたね。
簡単にいろいろな人と出会えるようになりました。

今回はそんな出会いの必須アイテム、ゲイアプリについて書きたいと思います。
ゲイアプリを上手に楽しむことができれば、みなさんも充実したゲイライフを送ることができるでしょう。

スマホのゲイアプリの効果的な使い方やポイント、注意点などを詳しくご紹介いたします。

 

ゲイアプリってどんなもの?

ざっくり言うと、ゲイ専用の出会い系アプリです。
携帯やスマホのGPS機能を使って、自分の周りにいる同アプリに登録しているゲイの方を探すことができます。

そして気になる人が見つかったら、メッセージを送り、やり取りが始まっていく…というアプリです。

昔はゲイの出会いの場といえば主にネット上の掲示板が主流でしたが、その後はSNSがその役を取って代わり、そして今ではスマホアプリがゲイの出会いのためのメインツールとなっています。
インターネットと情報機器の進歩に伴い、ゲイの出会いの方法も日々変化し続けているのです。

 

GPSで一目で分かる、ゲイの人口密度

このゲイアプリの最大の魅力は、なんといってもGPSで周囲のゲイの居場所が一目で分かることです。

これはSNSにはなかった、最大の特徴です。

たとえば東京の新宿付近で某アプリのこの機能を使うと、半径1km以内に何百人とゲイの方々が表示されます。
その人数の多さに、こんなにいるのかとびっくりするほどです。

 

一方で田舎で使うと、その数の少なさに落胆することも少なくありません。

もっとも近い人の居場所が10km以上の距離なんてことも珍しくありません。
私が以前住んでいたところでは、半径1kmには1人もいませんでした。
一番近い人で3、4km、10km以内にも数人しかおらず、その他大多数は10km以上でした。

なのでちょっと移動してGPS検索してみても、表示される人は同じ人ばかりという状況です。

しかし、ゲイアプリはそんな悩みすらも解決してくれる素晴らしい機能があるのです。
次の章で説明したいと思います。

 

ジャンプ機能を活用せよ

多くのゲイアプリにはジャンプ機能というものがあります。
これは、自分が指定した任意の場所の周囲にいるゲイが検索できるというすばらしい機能です。

田舎であまり出会いがない方こそ、このジャンプ機能を有効に活用しましょう。
私も田舎に住んでいたときは、大阪や新宿などいろいろな場所によくジャンプして出没していたものです。

 

好きな男性に自分が選ばれなければ意味がない!

ジャンプ機能という便利な機能があり、日本中のゲイの大多数がゲイアプリ利用しているとなると、極端に言ってしまえば日本中の男が選び放題だということです。

確かにそれは大きなメリットの一つですが、それは逆に「他の男性も自分の候補の人にアプローチをかける」ということでもあるのです。

実際にアプリで周囲を探してみると(田舎に住んでいる方は新宿辺りにジャンプしてみてください)いろんなタイプの、カッコいい男たちがたくさん出てきます。

そうすると、アプリに登録したのはいいもののなかなかアプローチされない、メッセージが来ない…とそんな状況も起こりえるのです。

 

ゲイアプリで自分をアプローチするためのテクニック

何よりもプロフィール画面が重要!

男の出会いの必需品!ゲイアプリの上手な使い方を伝授します

アプリに登録すると、まずプロフィールを作成することになりますが、プロフィールの中で最も重要なのは、言うまでもなくプロフィール画像です

 

実際にアプリに登録してみたのはいいものの、なかなか連絡が来ない、もしくはこっちから連絡しても返事がなかなか来ない、なんていう方は、もしかするとプロフィール画像で損をしているのかもしれません。

そんな方は、もう一度自身のプロフィール画像を見直してみましょう。
私の経験上、人気の方のプロフィール写真にはいくつかのポイントがあります。

 

●野外で取った画像は好まれる●
人気がある方のプロフィール画像を見てみると、旅行中に自然の中で撮った写真や、海、山などのレジャーの場で撮った写真が多いです。
アウトドアはモテるゲイの要素の一つですが、こういった写真はアウトドア派であることを自然にアピールしていることになるので、とても好まれます。

 

●色黒、マッチョはゲイの大好物●
隆々とした筋肉は、男らしさを最大限にアピールできます。
もしあなたが普段からトレーニングをして鍛えているのであれば、自慢の筋肉がアピールできるような画像にするとよいでしょう。
また、日焼けしている画像も好まれます。
肌の白い方は、週2くらいで日焼けサロンに通ってみましょう。
1ヶ月ほどすれば、きれいな小麦色の肌になれるはずです。
それだけで男の魅力はずいぶんとアップします。

 

●服装で男をアピールする●
服装も重要な要素の一つです。ガテン系の仕事をしている人がよく着る、作業着やつなぎの服装は好まれます。
また、スポーツをしている方は、ユニフォーム姿で撮るのも良いでしょう。
筋肉に自信がある方は、タンクトップや、競泳用の水着の画像もかなり人気があります。
また意外と盲点ですが、もしあなたがサラリーマンであるならば、スーツ姿の画像もおすすめです。
スーツは男の魅力を引き出し、実はけっこうゲイに人気なのです。

 

※画像をアップする際の注意点
プロフィール画像でエロい画像はNGです。
たとえば、男性器や陰毛が写っている画像や股間が強調されている画像です。
エロさをアピールして人気を出そうとしても、そうはいかないということです。

もし守らなければどうなるのかと言うと、アプリにもよりますが一回目であればアプリの管理者から警告が来る程度です。
“画像が規約に違反しています”などと書かれたメッセージが届いてしまいます。

それでも警告を無視したりエロい画像をアップし続けると、最終的にアプリのログインができなくなったり、登録が抹消されてしまい、最悪の場合は二度とそのアプリに復帰することが出来なくなります。

実は私も、某アプリで一度この警告を受けてしまいました。そのとき私がどんな画像をアップしていたのかと言うと、下着一枚で普通にとった写真でした。
パンツがもっこりしている、さらにパンツ越しにペニスの形が分かってしまうということで、それが規約違反に該当してしまったみたいです。

そしてこの規約、最近は特に厳しくなっています。

私の知り合いの中で、赤ちゃんが写っているという理由だけで警告を受けてしまった者もいます。
エロ以外でも思わぬことで規約違反に該当することがあるので、画像をアップする前にきちんと画像のアップロードに関する規約を読みましょう。

どうしてもエロめの画像にしたいという方は、ほかの人のプロフィール画像を見て、どんな画像ならば大丈夫なのかをきちんと確認してくれぐれも慎重に設定してください。

 

プロフィールを充実させよう

男の出会いの必需品!ゲイアプリの上手な使い方を伝授します

画像がアップロードできたら、次は本文です。
身長と体重と、年齢はきちんと書いておくと良いです。
特に年齢は、詐称すると実際に会ったときに相手の期待を裏切ってしまいますので、正しい年齢を書いておくことをおすすめします。

あんまり適当なプロフィールだと、人間性や性格を疑われてメッセージがあまりもらえなくなってしまいます。
最低でも趣味やおおまかな性格、好みのタイプを書いておくといいでしょう。

余裕がある人は恋人募集中だとか、好きなスポーツだとか、いつどこに旅行に行く予定だとか、あなたの魅力が少しでも引き出せるようにどんどんプロフィールを充実させましょう。
ただしあまりにも長すぎると、読んでもらえないこともあるのでほどほどに。
(私もプロフィールが長文の方は、ついスルーしてしまいます 笑)

 

●定期的にログインする●
プロフィールを充実させたらあと待つのみです。
といっても、何もせずに待っていてはなかなかメッセージが来ません。

なので最低でも1日1回はログインしましょう
なぜかというと、いつ最後にログインしたかが相手から分かるからです。

最終ログインから時間がたちすぎていると「積極的に活動をしていない人」だと思われ、メッセージがくる頻度が下がってしまいます。
多くのアプリは、1時間以内にログインしたとか、5分以内にログインしたとか、あるいは3日以上ログインしていないとか、いくつかの段階に分かれてログイン情報が表示されるようになっています。
たとえあなたが新宿のど真ん中でGPSの位置を置いたとしても、最終ログインが3日以上前となっていれば、おそらく誰もあなたにメッセージは送らないでしょう。
ちなみにログインする時間帯は、多くの方の仕事が終わる夕方~夜寝るまでの間がおすすめです。

アプリに表示される顔ぶれがマンネリしてきたら、たまにはジャンプ機能を使ってジャンプしてみるのもいいでしょう。
九州や北海道など、距離的に会うのは困難かもしれませんが、思わぬ出会いがあるかもしれません。

また、多くのアプリにはSNSでよくあるようなイイネ!機能があります。
メッセージを送るような時間がない、そんな場合にはポチッとイイネ!をしてあげましょう。もしかしすると、相手の方からメッセージが来るかもしれませんよ。

 

●メッセージを送ろう●
気になる人が見つかった、または気になる人からメッセージが来た、そんな場合はすぐにメッセージを返しましょう。
油断しているとすぐに他の人に取られてしまいます。

しかし、初めからエロさ全開のメッセージや、ヤリ目ということがはっきり分かるようなはあまり好まれません。(目的にもよりますが)

では、どんな内容のメッセージを送ればいいのでしょうか?
とりあえず最初は、住んでる場所や仕事、いつが休みかとか、運動してそうな方であればスポーツ暦などが無難でしょう。

そしてある程度メッセージのやり取りが進んだら、ちょっとエロい話や、もし互いに距離がそんなに離れてなければ、実際に会う約束をしてみるのもいいでしょう。
互いにtwitterやLINEをやっているのであれば、IDを交換してみると、よりお互いの距離が近づきます。

 

●シークレット画像を用意する●
先ほどプロフィール画像にエロい写真はアップできないと書きましたが、
多くのアプリは通常のプロフィール画像とは別にシークレット画像を設けることが出来るようになっています。

そしてこのシークレットの画像には、先ほど注意事項で記載したアップロード画像の規約が適用されません。
つまり、エロ画像も載せられるということです。

しかしこの画像は、通常のプロフィール表示されません。
それではどうすれば表示されるのかというと、あなたがこの人になら見せてもいい、もしくはこの人に見せたい!っという人に許可してあげるのです。
そうすると許可された人のみがその画像を見ることができるようになるのです。

メッセージのやり取りなどである程度親交が深まったら、シークレット画像を公開してあげると、もっと親交が深まるかもしれません。

逆に、突然知らない人のシークレット画像があなたに公開されることがあります。
こういうときは、その人があなたに興味を持っているよ、ということなので、支障がないようであればあなたのシークレット画像も公開してあげましょう。

 

いよいよ初対面に望む

メッセージで会う約束をしたら、勇気を持って実際に会って見ましょう。
最初は、カフェでお茶したり、ご飯を食べに行ったりが無難です。

お互いに時間に余裕があるならば、その後どちらかの家にお邪魔したり、またはカラオケなんかも良いでしょう。
あとの流れは雰囲気と勢いまかせです(笑)
状況に合わせて楽しんでください。

 

ゲイアプリ・まとめ

ある程度メッセージのやりとりをしていれば、会ってみて予想と実物のイメージかけ離れていた、なんてことは少ないと思います。

しかし中にはプロフィール画像をごまかしたり、加工してカッコよく見せたりしている人もいます。

もし会ってみてイメージと全然違った場合は、最初にはっきりとそのことを伝えることをおすすめします。全く好みでなく、しかもあまり知らない初対面の人といっしょに過ごす時間ほど苦痛な時間はありません。
また今後のことを考えると、言いづらいですが最初のうちにはっきり言ったほうが良いでしょう。
(私も、年齢と画像をごまかされていたことが2回ほどあります。会って初めて騙されていたことに気づき、無性に腹が立ちました。)

 

以上が、ゲイアプリの大まかな流れになります。

最近なかなかいい出会いがない…と思っている方は、もう一度自身のアカウントを確認してみましょう。
いろいろなことを試してみてください。

そうすればきっと、あなたのゲイライフが今よりももっと充実したものとなるでしょう。

それではまた!!

 

(情報提供:K太)

 - ゲイアプリ・コミュニティ