ゲイ・ホモ同士の出会いの決定版!【gaysite!】

gaysiteでは全国20万人とも言われるゲイ男性同士の出会いを応援。20代~60代まで全てのゲイはここに集まれ!

潜入ルポ!飲み屋スタイルのハッテン場は大盛り上がり、ゲイなら一度は行ってみて!

      2015/09/26

潜入ルポ!飲み屋スタイルのハッテン場は大盛り上がり、ゲイなら一度は行ってみて!

 

こんにちは、AKIです!
自分は 東京在住で20代後半のバリバリのゲイなのですが、皆さんハッテン場には行ってますか?

ハッテンというのは男性同性愛者の出会い場のことです。
しかしユーザーのニーズにあわせた種類があることはあまり知られていません。

さて、今回は飲み屋スタイルのハッテン場に行ってきた体験をご報告をしたいと思います。

このサイトではいろいろなジャンルのハッテン場を紹介することで、読者の方が自分に合ったジャンルのハッテン場を探せるよう、手助けになる情報を発信していきます。

 

あなたは行ったことある?!飲み屋スタイルのハッテン場

「飲み屋スタイルのハッテン場って何?」という方もいらっしゃると思いますので簡単に説明すると、お酒も談笑もエッチも楽しめるハッテン場のことです。

入口付近にバーカウンターがありバーテンダーさんがいて、奥にハッテンできるスペースがあるという形式のお店です。

飲み屋スタイルのハッテン場は東京・大阪などの大都市を中心に近年急速に増えてきていて、いわばここ数年一番注目のジャンルのハッテン場のようです。

どんな体験が待っているのか、さっそく潜入してみました!

 

飲み屋スタイルはカッコイイ!内装はまるでおしゃれ目なBar!

自分が行った飲み屋ハッテン場は、東京の街角の小さなマンションにありました。

「会員制」のドアをあけると、パッと見は普通のBarのような内装です。
黒を基調にしたデザインで、おしゃれ目のインテリアでしたね。

BGMもゆったりした今風の音楽がかかっていて、雰囲気がとってもよかったです。

バーテンダーさんは40代のひげ熊系お兄さん。
中には30代~40代のお兄さんがチラホラいたようです。

ちょっと年齢層は高めでしょうか?最初は店内の照明が若干暗めで少しわかりづらかったです。

 

あなどれない!過激でセクシーなドレスコート

潜入ルポ!飲み屋スタイルのハッテン場は大盛り上がり、ゲイなら一度は行ってみて!バーテンダーさんが「いらっしゃい?はじめて?」って笑顔で言ってくれたので、「はじめてです」と伝えると、
「わかったわ!じゃあ、今日ドレスコードの日だから、あっちの部屋でシャワーあびて着替えてね」と言われました。

俺が「ドレスコ―ドってどんな服ですか?」と聞くと、
店員さん曰く、「うん!今日は下半身裸で上はワイシャツ1枚だけだよ!」とのこと。

これはエロい!
どうやらこのお店では場の空気を盛り上げるために、お客さんの服装をその日のテーマに沿った凝ったものにする工夫がしてあるのですね。

 

ちなみに後で聞いたのですが、他の日のドレスコードには「競泳パンツ」「ふんどし」「ノーパンジャージ」「タオル1枚」「覆面アリ」などがありました。

覆面アリっていうのは顔に自信がなくても行けるのでニーズもありそうです。

シャワーをすませた自分は入口横のロッカールームで自前のワイシャツだけになりました。

緊張と期待でドキドキですでに半勃起状態でしたね(笑)

ちなみに自分はサラリーマンなのでカッターシャツはたまたま着ていたのですが、持参していなくてもお店で貸してくれるみたいです。

 

初めて会った相手でも会話がすすむ、親しみやすい飲み屋スタイル

バーカウンターに座ると、お客さんも沢山入っていて椅子はほぼ満席状態でした。

金曜とはいえこのにぎわい。飲み系ハッテン場も人気なんだなぁとつくづく感じました。

来店時も見年齢層はやっぱり30代から40代っぽい人が多い感じがして、兄貴好きな自分にとってはかなりうれしっかったです。

 

なんとか空いてあった席に座ると、となりにけっこう好みの渋めのお兄さんが座っていました。

短髪でワイシャツの下からでも絞っているのがわかる胸筋!当然お兄さんも下半身裸でワイシャツ1枚なので、自然と股間に目が行ってしまいました。

ワイシャツ1枚って勃起してない状態だと見えそうで見えない!それが逆にエロい!というか、初めてでガン見したら失礼と思いながら、自分は絶対勃起していました。

今思えばあっちは丸見えだったかも…。するとそのお兄さんが笑顔で話かけてくれました。

「今日はじめて?」と言った会話からはじまり、いつもどこで遊んでいるかとか、好きなお酒はどんなものとか、終電こえたらどうするのとか、いろいろ話しました。

 

飲み屋だけにお酒も充実!店員の接客も好印象

当然お酒も提供されるので、ほろ酔いで会話がすすみます。

ちなみにですが、このお店はお酒のメニューもけっこうバリエーションが多かったです。

専門的なBarとまではいかないですが、駅に近くてふらりと立ち寄れるふつうのBarくらいのメニューはありました。

ビール・焼酎・チューハイ・カクテル・ワイン・日本酒など有名なお酒はそろっていましたね。

あとおつまみなどのスナックや乾きモノもありました。
値段も普通のBarとそう変わりなかったです。

こうやってハッテン場でお酒も会話も楽しめるというのは、やはり飲み屋スタイルのいいところだなと思いました!

 

あと、ときどき会話が途切れると、すかさずバーテンダーさんがフォローを入れるように会話をつないでくれるのもうれしかったです。

例えば「ねぇ二人ともどんなタイプの男が好きなのよ?」といった風に会話に入ってきてくれて、話が途切れないような「つなぎ」をしてくれるのですね。

自分はトークがうまいほうではないのですが、それでもこのフォローのおかげでスイスイ話が進んで楽しかったです。

中には「二人とも気があうわねー、今日ハッテンして帰ったら?」とかハッテンにつながるようなフォローもしてくれるので、奥手の人もハッテンのチャンスをゲットできるかもしれません。

 

技あり!ハッテンスペースは2階にレイアウト!

 ところでこのお店に来た時から疑問に思っていたことがありました。

それは「どこでハッテンするのか」ということです。

一見普通のBarなので、ハッテンする場所がどこにあるのかがすぐにわからなかったのです。

気になったのでバーテンさんに聞いてみると、なんとお店はテラスハウスタイプ!

つまり階段で登れるようになっていて、二階に広いハッテンスペースがあるとうい構造なのでした!

まず廊下があって、黒い壁で仕切られた2畳くらいの個室が15室くらいあり、個室の床は拭き掃除しやすいようなビニールレザーで覆われた敷布団になっていました。

床がやわらかいので、寝転がってハッテンできるようになっています。

全体的に照明も赤色っぽいいやらしい雰囲気になっていて、個室によっては壁が全面鏡貼りだったりして、とってもムーディーでした!

 

ハッテンスペースだけじゃない!大興奮のイベントタイム

潜入ルポ!飲み屋スタイルのハッテン場は大盛り上がり、ゲイなら一度は行ってみて!

1階に下りてきて、バーテンダーさんに2階の感想を伝えると、一応1階では原則ハッテン禁止で、2階でゆっくりしてもらうのがその店のルールだそうです。

しかしバーテンさんはつづけてこう言いました。

「でも1階でもハッテンできる時間というのがあるの。少し待っていてね。もう少しでその時間になるから!」

時間?どういうことでしょうか?気になりながらもかっこいいお兄さんとの談笑を続けていました。

というかこのお兄さんかっこいい!このお兄さんと出会えただけも、このお店に来たかいがありました。

すると照明が急に落ちて、 BGMもユーロビートなどの激しい曲に激変したのです。

 

マスター曰く「この時間が唯一このバースペースでハッテンしていい時間」だそうです。

そのお店では通称「ダークナイトタイム」呼ばれていて、
要は2階になかなか好みの人を誘えない奥手の人や容姿に自信がない人のために、バースペースを真っ暗にして、1階で自由にハッテンできるというタイムサービスなのです。

しかも今回はみんな下半身裸なわけじゃないですか?
これは発情しないわけはないって感じです。

自分はさっきまで隣で話をしていたお兄さんとハッテンしたい!と思い、暗闇の中お兄さんを探しました。

すると、なんと自分のワイシャツがはらりとめくれる感じがして、股間に誰かの手が!!

もしかしてお兄さんのほうから自分にアプローチしてくれたの?そう思うとうれしくて、その股間をまさぐる手に自分の体をゆだねることにしました。

その手は完全に手コキの状態になったので、自分の快楽も絶頂。右手では手コキ、左手では後ろの穴をいじられて我を失ってしまいそうでした!

 

しかもまわりも次第にハッテンしだしているようで、暗闇の中いちゃいちゃする音が四方八方らからするわけです!

これはめちゃくちゃ興奮してしまいますね!

そんな環境も手伝って大興奮の中手コキでイカされちゃいました!
お兄さんかっこいいだけじゃなくて、すごいテクニシャン……!!!!

 

店内が明るくなると衝撃の事実が発覚!

快楽の余韻にひたっていると、バーテンダーさんの

「はーい、 タイムおわりまーす、続きをしたい人は上にいってねー」という声がしました。

そして音楽も止まって、店内が明るくなりました。

すると

 

え!????

 

手コキしてくれたの、お兄さんじゃなくて、全然違うひとでした(笑)

お兄さんはというと、向こうで別のダンディなオジサマに彫られてアへアへ言ってました(笑)。
どうやらお兄さんは違うひとを狙っていたようです(悲)

うーん、お兄さんが誘ってくれたと思ったのに!!残念!!

 

だけどその変わり、自分の股間をまさぐってくれた人が「上で続きをしようよ!」と言ってきたので、上の階でゆっくり続きをしてしまいました。

お兄さんにくらべるとあまり好みではなかったけど、セーフティセックスもしてくれたし、何よりテクがすごくてそのあと2回もイカされちゃいました!

 

まぁ、こういうふうにハプニング的なカップリングになっちゃうのもハッテン場の魅力だと思います。

しかも意外にそれも悪くなかった、いや、むしろよかった!みたいな(笑)

特に今回のような暗闇のイベントなどは想定外のハプニングが起きやすく刺激的で面白いかもしれません。

 

飲み屋スタイルハッテン場・まとめ

最後に飲み屋スタイルのハッテン場の特徴をまとめたいと思います。

 

  • お酒のメニューは一式そろっていて、Barとして楽しめる。
  • Hなドレスコードの企画があって、店内にいるだけでエロい気分になれる。
  • 初めて会った相手でもトークが楽しめるように、お店のほうがフォローしてくれる。
  • 会話ありきのハッテン場なので、今後につながる出会いのチャンスが多い。
  • 別室でゆったりハッテンできるようになっている。
  • お店のハプニング誘発のイベントにのっかって遊ぶこともできる。

 

 

上記のように飲み屋スタイルのハッテン場はお客さんが楽しめるいろいろな工夫がしてあることがわかりました。

ハッテン目的だけでなく、お酒だけ楽しみにいってもいいかなと思えるほどBarの内容が充実していましたね。

飲み屋系ハッテン場に興味がある方にとって、このレポートが参考になれば嬉しく思います!ではまた次のレポートで!

 

(情報提供者:AKI)

 

 

 - ゲイのスポット